FC2ブログ

自分で描いたイラストや絵、フェルト人形などを載せています。日々の思いも綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年から・・・

アメリカの金正恩を小馬鹿にした映画、そして今回のフランスのシャルリー・エブドによるイスラムの風刺画。

何だか、先進国の人達が「自由」の名のもとに発展途上の国の人たちの弱さや深刻さを嘲笑する風潮が昨年から続いている。

確かに、北朝鮮もイスラム圏の原理主義者も日々の行いがとても肯定できるものではないが、だからと言って、それに対して上記したような先進国の皮肉な表現だって、十分ペンや映像による「暴力」になりうるのでは・・・。

まだ未熟な小学生が暴れているからって言って、高校生が風刺が書いて馬鹿にするかな?
何だか、しっかりして欲しい、先進国の”高校生”。
シャルリー・アブド
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。